ブログ

←ブログのトップへ戻る

2017年06月26日

もぎたて市がオープンしました。

6月23日、もぎたて市がホクレンショップ朝里店にてオープンいたしました。

連日、多くの新鮮な野菜を買い求める方々が訪れています。

小樽方面に行かれる方は、是非立ち寄ってみて下さい!

もぎたて市.JPG(賑わうもぎたて市の様子)

2017年06月15日

当別花卉生産組合が「畑まわり」を行いました。

 6月9日、当別花卉生産組合は、7月上旬からの本格出荷スタートを前に、生産技術の向上と生産情報の共有を目的とした畑まわりを開催し、生産者40名が参加しました。

 参加者は、長沼町内の桂農園・堀田農園の2ヵ所の圃場を見て回り、トルコギキョウ・スナップなどの品種を観察しました。

参加者は「多くの情報を交換することができ、また自分の目でも圃場を確認することができ、また自分の目でも圃場を確認することができ、とても勉強になった」と話していました。

 7月からの出荷はまずカスミソウ・デルフィニウムが主力です。その後、徐々にユリ・カーネーションなどが増えていく予定です。

桂農園にて.jpg(桂農園にて)

堀田農園にて.jpg

(堀田農園にて)

2017年06月14日

当別町黒毛和牛選抜会が開催されました

 6月10日、当別町黒毛和牛選抜会がライスターミナル裏で開催されました。

全部で15頭の牛が参加し、6部門ごと競い合いました。川村組合長の挨拶.jpg(川村組合長による開会の挨拶)

審査員として、北海道酪農畜産協会家畜登録改良部改良指導課・片山陽介技師が審査を行い、1頭ごと丁寧にアドバイスを送っていました。

 最後には、今回参加した全頭の牛を対象としたグランドチャンピオンが決められ、第1部未経産の部・市川政廣さんの「みくにゆあ号」が受賞されました。

 今回、各部門で選抜された牛は、7月14日に行なわれる石狩管内和牛共進会に出場します。授与の様子.jpg(トロフィー授与の様子)

グランドチャンピオン.jpg(グランドチャンピオンに選出された「みくにゆあ号」)

2017年06月12日

当別のお米で作ったお酒「雪梟の会」が行われました

 JA北いしかりの当別酒米生産研究会では、6月9日に当別町ふとみ銘泉にて当別町産のお米で作ったお酒「雪梟の会」を開催しました。

同JAなど関係機関や町内の日本酒愛好者など70名が参加し、今年度の「雪梟」の出来栄えを確認しました

 「雪梟」は町内で栽培する酒造好適米「彗星(すいせい)」を使って空知管内栗山町の小林酒造が製造。

 5年前から販売しています。今回の「雪梟の会」は、地元での知名度を高めようと企画されました。

 会場は、日本酒特有の甘い香りに包まれ、お猪口に注がれたお酒を参加者が次々と口に運ぶ様子からも飲みやすさをうかがうことができました。

 参加者の中には「雪梟が1番好きな日本酒」と話す人もおり、会場内は、盛り上がりを見せていました。

雪梟の会.jpg(当別町 宮司町長による乾杯)

 

2017年05月09日

はなポッケがオープンしています!

5月6日にJA北いしかり農産物直売所「はなポッケ」がオープンしました!

当日はオープンを心待ちにしていた多くの来場者が買い物を楽しんだ。直売所には、新鮮なアスパラガスや葉物野菜の他、山菜や切花、SPF(特定病原菌不在)豚の精肉などが所狭しと並び、オープンしてからすぐに、レジ前には10人程度の列ができ、賑わいを見せていました!

「はなポッケ」は11月上旬まで毎週土・日曜日午前9時から午後3時まで営業致します。
是非、お越しください!

 はなポッケオープン 2.jpg

(オープン直後の店内) 

2017年05月08日

年金友の会当別地区定期総会開催

5月2日、年金友の会当別地区では、小樽市「朝里クラッセホテル」にて、第38回定期総会を行いました。

会員30名が参加し、議案は、全て原案通りに承認されました。

事業計画では、今後の活動の他に研修旅行について話し合いもおこない、総会終了後には懇談会も行われ、参加者は親睦を深めていました。

年金友の会では、年金受給者の生きがい作りや仲間作りを目的に活動を行っており、会員を募集しています。

興味のある方は、本所貯金課および各支所管理金融課まで、お気軽にお問い合わせ下さい!

年金友の会.jpg

2017年04月05日

JA北いしかりブロッコリー生産組合設立総会

 4月4日、西当別支所2階会議室にて、「JA北いしかりブロッコリー生産組合設立総会」が行われました。

組合員の生産するブロッコリーの販売促進と生産技術の向上により、効率的な生産販売が目的で設立されました。

組合の構成員は27名で、組合長に鈴木信行氏が選出され、今後の活動として、総会など定期的会合を開き情報交換など栽培技術の向上を図る予定です。

総会後には、石狩農業改良普及センター石狩北部支所の方による「ブロッコリー栽培のポイント」についての講習会が行われ、様々な質問が上がっていました。

ブロッコリー生産組合設立総会.jpg(鈴木信行組合長による挨拶の様子)

2017年04月03日

水稲直播講習会が行われました。

3月28日、石狩農業改良普及センター石狩北部支所の方を招き、水稲直播講習会を本所第一会議室にて行いました。

5年前に設立されたこの会は、現在24人で構成されています。

講習会では、現在きらら397の作付けが減少する中で、業務用需要米の確保・維持に向けた品種の作付拡大や低コスト・省力化栽培実験の一つとして「多収性品種」を活用した栽培技術や現地における適応性等について講習が行われていました。

興味がある方は、生産販売部生産販売課穀物係までお問い合わせ下さい。直播部会.JPG

(講習会の様子)

2017年02月15日

当別花卉生産組合第45回定期総会が行われました。

当別花卉生産組合は2月15日に当別町内で第45回定期総会を開き、良品質花きの栽培と安定的な出荷の確立へ向け、事業計画を決めました。

組合員・書面議決合わせて75名が出席。

才田弘樹組合長はあいさつで「今年度は、複数の台風の上陸や航空運賃の値上がりにより生産現場は厳しい年となったが、

平均単価は前年を上回り次年度に期待できるものとなりました」と話していました。

 平成28年度の事業報告、平成29年度事業計画など4議案を可決。

事業計画では昨年と同様「愛される当別の花」をテーマとした各種イベントやPR活動、消費拡大に向けた取り組みを積極的に進めることを確認しました。

花卉総会.jpg

 

2017年02月13日

当別町冬のお祭り「あそ雪の広場」に参加しました。

2月11日、12日に当別町で行われた雪まつり、「第35回あそ雪の広場」にて、JA北いしかり職員14名が地域の子どもたちを対象に〈夢と希望を与えるというコンセプトの元〉ゲームイベントを行いました。

ステージ上では、JAグループのグッズやお菓子等が入った【宝引きゲーム】に、先着100名の子どもたちが集まり大いに賑わいました。

抽選権.jpg(瞬く間に100名の子供たちが集まりました)

宝引きゲーム.jpg(宝引きゲーム)

その後、当JAの農産物や加工品のPRを兼ね、大人を対象とした【ジャンケンゲーム】も行いました。

大人じゃんけん大会.jpg(大人じゃんけん大会)

勝ち残った14名には当JAの加工品の詰め合わせ・米などがPRも兼ねてプレゼントされました。

今後も、こういった地域の活動には積極的に参加していく予定です。

 

  • 農協直送ネットショップ
  • 農産物直売所はなポッケ
  • 当別新産業活性化センター

JA北いしかり

〒061-0295
石狩郡当別町錦町53番地57
TEL(0133)23-2530
FAX(0133)22-2615